移転

初めての引越しは業者選びが肝心~新生活を始めるために~

初めての1人暮らし

引越作業

高校を卒業して初めて東京の大学で一人暮らしを始める大学生は、合格が決まると生活の拠点を探さなければいけません。これから、始まる生活で大人への第一歩を踏み出す学生たちは、期待と不安でいっぱいでしょう。新生活のスタートは、東京への引越しから始まります。最初の引越しでつまずいてしまうと、その後のキャンパスライフも不安になります。逆に東京への引越しを成功させることで、楽しいキャンパスライフ、一人暮らしになることでしょう。

1人暮らしの引越しでは、荷物の量もそれほど多くありません。特に、地方から東京に不一個師をする大学生の場合は、東京でフライパンや食器などの生活用品を揃える人も多くいます。そのため、引越しをする際には、運ぶ荷物の量もそれほど多くはならないでしょう。荷物の量が少ないので、引越し料金も安くなるでしょう。近年は一人暮らし向けの引越しには単身引越しサービスもあります。一人分の荷物を運ぶのに調度良いサイズと値段になっています。単身引越しサービスでは、引越しする距離によって値段は変わります。関東エリアないであれば、20,000円位内で引越しできる業者もあります。この料金には、1BOXを引越しで使用した場合の料金です。荷物がたくさんある人や、BOXに入らない荷物を運ぶ場合は追加料金が必要となるでしょう。しかし、1BOXでも意外と大容量のため、追加料金の心配はしなくても大丈夫でしょう。東京への引越し料金を少しでも抑えたいと考えている学生は、3月後半と4月の始めの週に引越しすることは避けましょう。この期間は引越し業界の繁忙期です。そのため、料金が通常よりも割増になっています。早めに引越しするほうが、新しい土地にも慣れますし、引越し料金も安いのでお得です。