移転

初めての引越しは業者選びが肝心~新生活を始めるために~

1人で荷造りする時のコツ

ダンボール

引越しは運ぶ荷物の量で料金は変わります。少ない荷物ならば自分でトラックを借りて新居まで運ぶことが可能になります。しかし、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電は自分で運ぶと故障の原因となる場合もあります。冷蔵庫や洗濯機も大事な自分の財産です。引越しで故障させないためにも単身引越しサービスを利用しましょう。
単身での引越しでは、荷物をまとめる作業から、今まで住んでいた部屋の掃除まで自分1人で行う必要があります。この作業は意外と大変な作業です。段取りよく行わないと、引越し業者を待たせることになるでしょう。引越しの予定が狂ってしまします。新居で新しい生活をスタートさせるためにも、単身での引越しのコツを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

単身での引越しでは、荷造りが重要なポイントです。単身といっても部屋の中には大きなものから小さな物まで、沢山の物で溢れています。上手に荷造りをしないと時間がかかってしまいます。まずは、普段はあまり使わないものをダンボールの中にまとめましょう。単身の引越しでは食器類は多くないでしょう、さらに季節外れの洋服や重たい本などは数日なくても問題無いものから荷造りをしていきましょう。ココでポイントなのが、重さです。荷物の重さによって、収納するダンボールの大きさを替えましょう。大きいダンボールには軽いものを、小さいダンボールには重いものを入れるようにしましょう。そうすることで運ぶ時に楽に運ぶことが出来るはずです。単身の引越しは大変ですので、早めに作業をはじめて余裕を持ちましょう。